乳児嘔吐下痢症

原因

晩秋から冬季に乳幼児などが罹患する感染性の下痢症で、地域施設内で多発する
原因はロタウイルスの経口感染、一部飛沫感染である。潜伏期間は1~4日である


症状

突然激しい嘔吐が現れ、次いで下痢が起きる
下痢は1日1回、数回から十数回で、白色ないし黄白色の水溶性下痢便であるが、血液を含まない。発熱を伴う感冒症状を認める
予後は一般的に良好であるが、脱水等で重症化することもある。経過は1週間前後である。ノロウイルス感染でも類似の症状となる


治療

脱水に対しては輸液療法を考慮する


  • 最終更新:2014-07-30 20:49:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード