乳幼児健康診査とは

乳児チェックポイント(1ヶ月健診)

月齢

  • 1~2ヶ月

特性

  • 胎外生活の確立、栄養法の確立、栄養方法の確立のために十分なチェックを必要とする

重点項目

  • 体重増加量1日15g以下の場合、哺乳量、機嫌や元気さなどを確認する
  • 先天異常
  • 神経学的異常

身体面

  • 皮膚
  • 斜頸
  • 嘔吐
  • 鼠径ヘルニア
  • 開排制限
  • 視覚
  • 聴覚


生活面

  • 母乳の確立と不足の悩みの把握
  • 母子関係
  • 栄養法をはじめとした栄養法の確立
  • 養育の方向付け
  • 乳児の泣き、変化などに特有のサインを見出せるか
  • 行動の一つ一つに不安を持つ場合の支援

運動発達

  • 肘や膝を軽く曲げている
  • 手足をほぼ左右対称的に動かす
  • 掌に触れたものを握る

精神発達

  • 大きな音にビックリする
  • 人の顔をぼんやり見る
  • 20cmくらい離れたボールや顔を目で少し追う

情緒社会性の発達

  • 気分のいいときは一人で微笑する
  • 空腹時にはよく吸啜する
  • 空腹時には元気に泣く



保健指導の要点(1ヶ月健診)

月齢

  • 1~2ヶ月

特性

  • 胎外生活の確立
  • 育児・確立への方向付け

発達

  • 注視、注射、泣いているときに声をかけると泣き止む

栄養

  • 母乳育児の支援をする

清潔

  • 出来るだけ毎日入浴する
  • 皮膚の乾燥、乳児湿疹などトラブルに対するスキンケア

生活習慣

  • 睡眠、授乳、入浴を中心とした生活リズムを意識する

生活一般

  • 外気浴の開始

遊び

  • あやす、相槌をうつ
  • おもちゃ、眺めるもの、音を聞くもの、はっきりした色のもの

気になる行動や癖

  • 空腹、不快、甘えなどさまざまな原因で泣く、自分の気持ちを泣くことで伝える:最初は原因がわからず戸惑うが、そのうち違いがわかるようになってくる
  • 向き癖:向きにくい方向からあやしたり、授乳したりして対応する

疾病予防

  • 1ヶ月児健診の受診勧奨
  • かかりつけ医を持つ
  • 乳幼児突然死症候群の予防

事故防止

  • 窒息、低温やけど、乳幼児揺さぶられ症候群など事故の危険と予防
  • チャイルドシートの推奨

家族の状況

  • 喫煙の再開が多い時期

  • 最終更新:2014-10-12 05:28:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード