妊娠高血圧症候群の看護

目標

  • 全身性浮腫の徴候の有無
  • 安静、薬物、食事などの治療に参加できる
  • 頻回な検査の必要性について言葉で表現できる


OP(観察ポイント)

  • バイタルサイン:特に血圧変動の有無と程度、呼吸、脈拍、チアノーゼの有無
  • 全身状態:浮腫、尿量減少、口渇の有無、体重増加の有無とその量
  • 検査結果:血圧、尿蛋白、体重、超音波検査、胎児胎盤機能検査、NST
  • 自覚症状の有無:頭痛、めまい、胃痛、悪心、嘔吐、視力障害


TP(ケアプラン)

安静療法

  • 横臥により腎や胎盤の血液循環を促す
  • 外来治療の場合は家庭で1日に30分~1時間程度の横臥安静を2~3回とる
  • 一般には入院する


食事療法

  • 症状の程度によって内容を検討する
  • 減塩、低エネルギー、高たんぱくが原則である


薬物療法

  • 正しい薬物の服用を指導する
  • 副作用の有無を観察する


子癇の看護

  • 個室に収容して室内を暗くし、外部からの刺激をできるだけ避ける
  • 室内の危険物を取り除き、周囲を整理する
  • 子癇発作時間を取り除き、周囲を整理する
  • 子癇発作時用に救急セットを用意する
  • 薬物療法に対し、与薬後の経過を観察する
  • 児心音を頻回にチェック
  • 酸素吸入、麻酔、急速遂娩術、帝王切開などの準備をする

  • 最終更新:2019-08-27 12:40:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード