椎間板ヘルニア患者の看護

目標

  1. 治療、内用を理解し、治療に臨むことができる
  2. 疾患、症状について理解し、自己調整しながら社会生活に適応することが出来る

観察

  1. 疼痛の部位・程度・性質
  2. 感覚障害、運動障害の有無
  3. ADLの評価 など

ケア

  1. 術操作による組織への侵襲、さらに脊椎の安静保持のための同一体位によって疼痛が出現する。疼痛は夜間の不眠や手術とその経過に不安を抱く結果となり、精神的ストレスが増大する。創痛は日数の経過で軽減されていくため、術後の強い疼痛を考慮して積極的に鎮痛をはかる。
  2. 手術による神経根への食説的な侵襲の影響と、周囲組織の浮腫や出血により一過性(ときに持続性)に、神経障害をきたすことがある。運動、知覚、麻痺などの自覚・他覚賞羽状の変化に注意して観察する。
  3. 手術前からの筋力低下に加え、安静臥床により筋力はますます低下する。術後はなるべく早期よりベッド上での運動を計画的に行い、筋力低下を最小限にとどめ、離床、リハビリテーションへとつなげていく。


  • 最終更新:2014-01-13 19:47:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード