生理的黄疸

黄疸とは血中のビリルビンが増加し、皮膚や粘膜に付着して黄色を呈した状態をいう。新生児では生後2~3日ごろ黄疸が出現する。これを生理的黄疸といい生理的なもので、胎児期の過剰な赤血球が破壊されることによってビリルビンの産生が高まることや、新生児期には肝臓のビリルビン処理機能が不十分なことが原因となって起こる。新生児生理的黄疸は生後4~5日に最も強くなり、血中総ビリルビン値は10~14mg/dlに達する。通常は生後2週間以内に消失する。

  • 最終更新:2014-04-06 19:43:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード