肝硬変患者の看護

看護目標

  1. 症状に伴う苦痛が軽減する
  2. 精神的苦痛が軽減する
  3. 合併症予防ができる
  4. 継続治療や生活活動の制限によるストレスを緩和することができる

観察

  • 全身症状
  • 皮膚症茸
  • 肝合併症
  • 消火器症状
  • 門脈圧亢進症茸
  • 日常生活習慣

ケア

  • 肝血流量を増大させるため、安静臥床を指導する。臥床にて冠血流量は約50%上昇する
  • 腸管からのアンモニア発生による症状悪化を防ぐため便通を促す
  • 出血傾向に注意する

  • 最終更新:2013-12-04 00:53:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード