術前訪問

目的

  • 手術患者の外科的問題ばかりでなく、合併する内科的な問題を把握して、患者の状態を評価する
  • 麻酔管理のための術前、術中、術後の方針を決定する
  • 患者と面接して、患者との意思疎通、コミュニケーションを確立する
  • 麻酔について患者に説明する
  • 患者に手術や手術室の情報を与えたり、手術に必要な情報を収集する
  • 手術当日の患者取り違え防止
  • 患者に麻酔や手術室の情報を与えて不安の軽減をはかる
  • 情報収集により患者の個別的な問題を明確化し、手術室の準備、観察、留意点を看護計画として活かす
  • 病棟看護師との連携により術前からの一貫した看護が可能になる



患者との面接

  • 狭心性、気管支喘息など麻酔管理に重大な影響を及ぼす既往歴について患者に再度確認する
  • 外科疾患に関係しない過去の内科疾患や身体症を主治医に話していないことはしばしば見られる
  • 麻酔の観点から病歴を取り直す
  • 家族に原因不明の麻酔死などがある場合は注意する
  • 遺伝疾患である悪性高熱症に注意する
  • 患者の不安を軽減する
  • インフォームドコンセントを得る


説明する内容

  • 予定している麻酔の手順や術中使用するモニターについて
  • 麻酔に関係して起こる可能性のある合併症について
  • 絶飲食の必要性、絶飲食の時刻
  • 前投薬の目的とその時刻について
  • 常用薬についての指示


  • 最終更新:2014-02-28 19:03:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード