足浴

目的

  1. 清拭では落とせない汚れを落とす
  2. 湯に足を入れ、爽快感を与え、血液循環を良くする
  3. リラクゼーション効果を与える

注意点 留意点

  1. 爪の間や手間部をしっかりと洗う
  2. 手や足の皮膚の観察を行う
  3. 皮膚への刺激を抑えるため、石鹸成分をしっかりと流す
  4. 後片付けの時に床が濡れたままだと転倒のおそれがあるので注意する
  5. 不必要な露出を避ける
  6. 足に創がある患者、下肢を動かすことで苦痛を感じる患者、治療上動かすことの出来ない患者は避ける
  7. プライバシー保護のため、カーテンをする
  8. 一回に長時間をかける足浴は余分なエネルギーを消耗し、疲労感を増すので注意する
  9. リネン類、寝衣を濡らさないようにかけ湯、足し湯の際に周りにこぼさないようにする
  10. 防水シーツ、バスタオルを足の下に敷く際は枕、シーツが濡れない位置に配置する
  11. 湯温は40度とする

手順 手技 方法

  1. 綿毛布を膝下まで折り上げ、膝を曲げて折り上げた綿毛布の左右の端を膝の裏で交差させる
  2. ゴムシーツの上にバスタオルを重ね、足の下に敷く
  3. 足浴用の大きな洗面器に40度前後の湯を半分弱入れ、患者の足元に置く
  4. 患者の足を湯の中に静かに入れる
  5. 湯の温度が適温か患者に確認し、必要時は調整する
  6. しばらく湯につけてからウォッシュクロスに石鹸をつけ、片足ずつ支えながら洗う
  7. 洗い終わったら小ピッチャーに適温の湯を入れ、片足ずつ患者の踵部を実施者の手掌で支えて持ち上げ、かけ湯をしてバスタオルの上に下ろす
  8. 洗面器を取り除き、敷いていたバスタオルで両足を包む
  9. バスタオルで水分をよく拭き取る。足指の間も丁寧に拭く
  10. 巻きつけていた綿毛布をほどき、膝をのばす
  11. 防水シーツ枕をはずし、膝、寝衣をのばす
  12. タオルケットをはずし、掛け物を元通りにかけ、身体の位置、枕を整える
  13. 患者に気分、疲労感を確認し、必要があればバイタルサインを測定し、観察する
  14. ベースン、排水用のバケツ、ピッチャーは洗って水を切り、乾かしてもとの場所に戻す
  15. ウォッシュクロスは洗ってバスタオルとともに規定に沿って洗濯に出す
  16. 防水シーツは洗って乾かすか、規定に沿って洗濯に出す
  17. 防水シーツは洗って乾かすか、規定に沿って洗濯に出す
  18. 石鹸は洗ってもとの場所に戻す

必要物品 準備物品

  1. 洗面器(湯40℃前後)
  2. 防水シーツ
  3. バスタオル
  4. 石鹸
  5. 未滅菌ガーゼ
  6. タオルを絞るようのバケツ(湯50℃程度)
  7. 足を拭くタオル1枚~2枚

観察項目 観察ポイント

皮膚の掻痒感 皮脂の分泌の程度 乾燥・落屑 皮膚色 悪臭 発疹 発赤 外傷 倦怠感 脱力感 顔色 訴え 気分


  • 最終更新:2013-11-28 04:48:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード