退院指導

患者の退院に際して、入院から退院後の生活へのスムーズな移行・自己管理による日常生活の質の確保、異常の早期発見に対する患者、家族の意識の向上などを目的として行われる指導や援助を言う。指導に際しては地域的連携や医療部門以外の協力を必要とする場合もある。
指導形態は個別指導と集団指導とがある。例えば人工肛門を造設した患者にはセルフケアの方法とともに、患者個々の生活背景に応じた生活上の援助方法や社会資源の活用法などの情報提供、家族教育などが行われる。
また産婦人科においては褥婦を対象に育児指導や産後の生活、さらに入院をきっかけに健康にたいする関心を高め、将来の生活習慣病予防のための生活指導などが行われる。

社会復帰への援助

  • 手術によって組織や器官を摘除(てきじょ)するため一時的にまたは永久的に形態変化や機能障害を残す場合がある
  • 看護師は患者の形態や機能が変化したことを受け止めて、機能の回復に努めたり、残存機能を活用して社会復帰できるように援助する。
  • 形態機能の変化を患者が受け止められるために、家族への働きかけを行ったり、同じ障害をもつ『患者の会』などを紹介し、患者が問題解決できるように援助する。

家族への援助

  • 家族に術前・術後の経過を説明する
  • 患者が装着している機械・器具の目的や取り扱い方を説明する
  • 退院後の患者との接し方などを説明する


  • 最終更新:2013-12-15 17:34:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード