食事介助

目的

  1. 食事時の環境を増進させる
  2. 指示された食事を気分よく摂取できるようにする
  3. 患者自身で食べられない時は食事介助を適切に行い疲労させない
  4. 摂取状態を観察する

注意点 留意点

  1. 配膳する前に排泄を済ませておく
  2. 食事の前後に口腔内を清潔にさせるため含嗽をさせる
  3. 指示された食事を正確に摂取できるようにする
  4. 誤飲を予防する
  5. 楽な体位で食事がとれるようにする
  6. 食器の位置、盛り付け、温度などに留意する
  7. 患者の表情や食の進み具合をみながら、適宜言葉がけをし、落ち着いた気持ちでおいしく食べられるようにする
  8. 安楽な体位で食べているか、食欲や満足感や疲労感はどうかなどを見る

手順 手技 方法

  1. 配膳する前に環境を整え、排尿・排便はすませておく。尚、食前の検査、処置は早めにすませておき、痛みや興奮などの原因はできるだけ取り除いておく。
  2. 介助者は身だしなみを整え、手を清潔にし、配膳する。食札と患者名を確認する。
  3. 患者の身体を介助者側に寄せて誤飲を防ぐため、顔を横に向かせ、薄い枕などで支える
  4. 顎の下にナプキンかタオルをあて、含嗽させる
  5. 食膳を患者から見える位置で、介助しやすい場所に置く
  6. 介助者はいすに腰かけ、ゆとりある態度で患者の様子を見ながら、ゆっくり少量ずつ食べさせる
  7. 主食と副食を交互に食べさせるが、患者の好みに合わせて、食べる順序や速度を変える。
  8. 食物がこぼれないように注意し、必要に応じて口の周囲をナプキンで拭く
  9. 食後は含嗽させ、口腔内を清潔にする
  10. 善の後片付けをする
  11. 摂取した食物の種類と量、食欲の有無、所要時間、一般状態などについて観察し、記録する

観察項目 観察ポイント

食欲の有無 空腹感の有無 口腔の粘り気 潰瘍の有無 口臭の有無 嚥下に問題はないか 誤嚥 不食時は嘔気、倦怠感、発熱、腹部膨満、便の性状、便秘の有無 介助の程度


  • 最終更新:2013-11-28 04:36:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード