VS測定

体温測定

  • 小児、特に乳児は代謝が盛んで腋窩検温で37.0℃を超えることも珍しくない。
  • 新生児は体温調節機能が未熟で環境温度に左右されやすい
  • 発達段階や疾患に応じた測定方法を選択する
  • 継続した看護の場合は同一方法で測定する
  • 口腔検温は危険が大きいため行わない
  • 回数は個々の病状によって異なる


直腸検温

  • 未熟児、新生児、乳児に行われる。最も正確な体温が得られる。
  • 体温計の破損がないこと、水銀が下降していることを確認する
  • 潤滑油をつけ、肛門部に2.5~3cm静かに挿入し、1分~1分30秒間保持して測定する
  • 体温計の目盛りを正確に読み、汚れをふき取り、消毒液につける
  • できるだけ個人専用として消毒後は流水でよく洗い保管する
  • 直腸検温が適さないときは直腸、肛門の手術後、肛門または肛門周囲の炎症、下痢、下血糞便が直腸に貯留しているときなどである
  • 直腸温は腋窩より0.5~1.0℃高い
  • 腋窩検温は幼児・学童に適応されるが、年少児の場合は看護師の支持が必要である


脈拍測定

  • 乳児の脈拍は判定が難しく、哺乳や啼泣によって変動する。厳密には静かに眠っているときの値で測定されるべきである
  • 安静時、睡眠時に測定する
  • 橈骨動脈、総頚動脈、大腿動脈、浅側頭動脈、大泉門で測定できる。
  • 脈拍が触知困難な場合には聴診器を児の胸にあて、心拍数を測定する。特に新生児、未熟児、心疾患患者の場合には聴診器を用いて1分間測定し、脈拍の性状や不整、結滞などを観察する
  • 心疾患患者の場合は心雑音の観察が重要な場合がある

呼吸測定

  • 乳児の呼吸は複式で規則正しいが、睡眠時には時々不整になる。
  • 成長するにつれ胸式呼吸となる
  • 胸部・腹部の動きをみて1分間計測する
  • 乳児は腹式→年長は胸式呼吸が多い
  • 乳幼児期には腹部に軽く手を当てて測定する
  • 呼吸状態の観察を行い、聴診器で呼吸音を確認することもある


血圧測定

  • 新生児の血圧測定は収縮期血圧だけの測定である。血圧は成人よりも低く、マンシェットの幅が狭くなると値は高く出る
  • 上腕2/3を覆うサイズを使用する


  • 最終更新:2014-09-11 12:54:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード